2011年12月15日

タキソテール3回目 − 疑問あるときは質問して不安を解消

採血
 左の手の甲から採血し、血液検査へ。やはり、手の甲は痛い。少し内出血。

診察
 タキソテール3回目の血液検査の結果、白血球数4000以上で、投薬決定。

 足がむくむくとむくんできた。顔にもマスク跡がつきやすくなっている。今日の診察で、顔のむくみを指摘され、利尿剤を処方された。

 その他の副作用対策の薬は、デカドロンが出ているが、ほぼ飲んでいない。主治医もできるだけ飲まない方がよけいな副作用を減らせるので、飲まなくてよいとのこと。ベナ錠という薬は1回目から処方されていない。眠気がひどくでるため、帰宅時の運転に支障が出るためだ。
 ただし、関節痛のためのボルタレンSRは、3回飲んだ。寝ている間も痛くて寝不足になるからだ。

 血管はあいかわらず、痛くてつっぱる。ヒルドイド軟膏が効くと友人に聞いたと主治医に言ったが、効くだろうかと懐疑的であった。実は、主治医も2週間前の点滴で血管が炎症を起こし、硬くなっているそうだ。実際さわってみると、私と同じく硬く突っ張っている。押さえると痛いそうだ。主治医は、これまで血管痛は2、3週間で治ると言ってきたが、自分の場合2週間経っているが治っていない。血管痛の患者さんの気持ちがよくわかったと言っていた。そのことを患者さんに説明すると、納得してくれるという。確かに、人の痛みは他人事であり、実感が伴わなければ、苦痛を説明されても、理解することは難しい。

 今一度、診断結果を確認した。ホルモンレセプタ、HER2、グレード、リンパ節転移、病期などについて、これまでは、判明次第聞いてきたが、まとめて確認した。今後、まとめてブログに記すことにする。はっきりと病状を知っておくことにより、今後の戦略を立て、不安を少なくしていきたい。
 リンパ節廓清については、省略を希望していると再度伝えた。主治医は、廓清をすすめているが、左側をレベル3まで廓清しているため、両側を廓清すると生活に支障が出ると考えている。しかし、この件はセカンドオピニオンやその他いろいろな資料や機会を元にもう少し検討したい。

投薬
 軽く昼食の後、外来の処置室にて、点滴開始。病棟の看護師さんが針を刺してくれた。右腕の外側の血管に、細いゲージの子供用の針を刺す。この外側の血管は、FEC療法の2回目の時に点滴した。この場所は、血管痛が起きていなくて調子がよい。その他の血管は、ことごとく炎症を起こし、硬くなってつっぱっているため腕がのばしにくい。
 外側の血管は少々細いので、たいへんそうだ。針を刺す時に少し内出血を起こしたようだが、その先の針の定置位置には問題がないとのこと。逆血* を確認し、点滴OKとなった。
 (*注:逆血とは、点滴の針に続くチューブと薬品の入った袋を下に下げたときに、血が逆流してチューブから見えることを確認する作業だと私は理解している。この作業により、確実に血管に針が通っていることが確認できるのだ。)
 逆血が確認できなければ、血管から薬が漏れて、周囲の組織が損傷を受ける可能性がある。血管はこの損傷に耐えるというのだから、強いものだ。

 例によって、アイスグロープを手足に装着、おなかと右腕にホットパック、口には氷を含んで臨んだ。

薬剤師さんと談話
 薬剤師さんが来たので、タキソールの溶媒について質問した。
  • Q:タキソールにはヒマシ油が使われているそうですね?
      タキソテールの方には使われていないのですか?
  • A:タキソールには、ポリオキシエチレンヒマシ油が使われています。
      タキソテールの溶媒は別の物です。
  • Q:ポリオキシエチレンヒマシ油でアレルギーが起きることはありますか?
  • A:タキソールの場合、本剤そのものより、この溶媒によるアレルギーの方が多いかもしれません。
      その場合、アナフィラキシーショックが点滴後5分ぐらいで見られます。

点滴終了
 針を抜いて点滴終了。少し内出血していて、若干痛みがあるので、看護師さんに聞いた。
  • Q:内出血していて、押さえると少し痛いのですが、だいじょうぶでしょうか?
  • A:内出血の場所は点滴の針の先よりも下で逆血確認できているので、まず問題ないと思います。
      万一、痛みや広範囲な発赤があった場合は、病院に連絡してください。
      その際、異常がみられた箇所の写メを撮っておいてもらうと、後で参考にできますので撮っておいてください。
  • Q:その場合、どのような処置をするのでしょうか?
  • A:タキソテールは炎症を起こすことはあっても、壊死は起こさないので、ステロイドの入った軟膏を塗ることで対処できます。
      エピルビシンやタキソールは壊死を起こすので、薬剤の注射をして治療する必要があります。
      今回はタキソテールですから、痛みや発赤には、ステロイドの軟膏を塗って、病院にも連絡してください。家にリンデロンなどの軟膏はありますか?

 対処方法について、詳しく説明してくれると、よく理解でき、不安がなくなっていく。そうなっては困るような事態についても、知らずにいるより知っていた方が安心だ。わからない部分が多いほど不安になるものなのだ。今年の非常事態における政府の説明不足、情報隠蔽しかり。国民は不安になった。
 自宅にリンデロン軟膏はある。万一の時もあわてず対処できそうで、とても安心した。


今後の予定
 あと1投! 来年1月5日が最終回の予定。
 なんとか風邪もひかず、副作用の大きな障害もなくここまできたから、もう少しがんばりたい。

 手術日は、2012年2月15日に決定。2月2日に術前検査、手術の説明、MRI撮影を行う。
 12月か1月に形成外科の先生のところにセカンドオピニオンで受診予定。主治医に紹介状を書いてもらった。
 同時再建の術式、12年前の術側とのバランス、入れ替えの方法などについて聞いてみたい。

*****


 これだけの長文になってしまった。今日もいろいろなことがあったものだ。



mukudori21 at 23:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

2011年12月14日

乳がんワクチン


 このワクチンは、免疫系を訓練するということだ。細胞表面にMUC1たんぱく質が付着している腫瘍を見つけ出して殺すようになる。
 MUC1たんぱく質は、トリプルネガティブ乳がん患者の90%で過剰発現する。

 低侵襲な治療法の選択肢が増えることに期待したい。



mukudori21 at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月12日

タキソテール(1回目)投薬後10日

タキソテール(ドセタキセル)結構きいてくる。
薬剤師さんも言っていた。切れ味がするどい薬だと。

副作用対策の薬は、2日目と3日目のデカドロン朝昼2錠ずつのみであった。吐き気などがなかったので、3日目の服用をすっかり忘れてしまい、4日目に飲んだ。診察のときに主治医にそのことを言ったところ、吐き気がなければ飲まなくてもよいとのことだった。
2、3日後から全身の関節が痛くて、朝起きたらぐったり。からだがばらばらになるような痛みがある。関節痛で良く眠れなかったので、12時間効くボルタレンを処方してもらった。胃粘膜保護のためムコスタもいっしょに処方。しかし、ムコスタは私の場合効いているのかどうかよくわからない。

舌はびりびりするけれど、味覚障害はまだない。薬がすみずみまで効いてる感じがする。あちこちが痛かった。投薬後10日ほど経ち、からだがばらばらになるような痛みは治まり、腫瘍がばらばらになった感がある。かたまりとして触知できないぐらいである。
ドセ炸裂! キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! 来週MRIとエコーするので効果を画像で見られるだろうか。かなり期待。

アブラキサンやワンタイムタキソテールなど新しいものがいろいろあるが、効果や副作用に違いがあるので、病院ではまだ取り入れていないとのこと。ワンタイムタキソテールは最初から調剤されてるバージョンで薬剤師さんが楽らしいが、それですら溶剤の違いで副作用が違ってくるので、患者のメリットもないしやってないと主治医が言っていた。

3剤のFEC(エピルビシンがジェネリック)よりタキソテールの方が高くてびっくりした。タキソテールで支払った金額は 34,000円だった。これもジェネリックが出れば安くなるだろう。


mukudori21 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

2011年11月02日

タキソテール1回目

血液検査
血液検査の結果、白血球、好中球とも回復したので、タキソテール(ドセタキセル)の1回目投与決定。好中球は75%とHighな値。骨髄さんががんばっている。DOC75というレジメンで対表面積×75mgの投与量ということだ。
病院では、通常タキソテール投与前にアレルギー予防のための薬を服用するらしい。しかし、6時間程度効く薬で副作用として眠気が出るので、車の運転は危険だとのこと。主治医と薬剤師と相談の上、服用しないことにした。
副作用対策として服用する薬は、2日目と3日目の朝昼食前のデカドロン2錠ずつのみである。
タキソテールは、タキソール(パクリタキセル)と比べてしびれなどの副作用も少ないそうだが、むくみは気になる(主治医談)そうだ。薬剤師によるとデカドロンがむくみの予防に長期的には効果があるとのこと。用量が2錠と少ないこともあって、服用することにする。(FEC療法のときは2回目以降服用していなかった。)

タキソテールの作用機序
点滴前に、軽く食事をしてから、処置室に向かう。薬剤師から薬の作用機序と副作用について詳しい説明を聞く。図を書いてもらった。生物で習った細胞分裂の絵である。タキソテールには、分裂するときに核をつなぎ止めている微小管を安定化する効果がある。安定化されることによって核の分裂がしにくくなるため、分裂後は変な細胞になってしまい、そのまま細胞が死んでしまう。癌細胞は元々変なので死にやすいのだろうと思う。

点滴開始
さて、いよいよ点滴開始である。FECの3回目ぐらいから、点滴の針を刺すときの痛みが強いため、タキソテールの時は細い針でと看護師さんお願いした。赤ちゃんや子ども用の一番細い針を使ってもらうことにしていた。リラックスするため、加味逍遥散をお湯に溶いてティータイム。

今回は主治医が点滴の針を刺す。右手首から人差し指にかけてぴりっと神経に痛みが走った。まずはステロイドの薬が10分程度滴下される。続いてタキソテール単剤は40分程度。タキソテールの場合は速度をコントロールする装置を使うそうだ。赤い液体のエピルビシンは緊張感があったが、タキソテールの場合はゆったりとできた。最後の生理食塩水は装置を使わず自然滴下で終了。

点滴中
点滴中、アイスグローブを手足につけてもらって、ときどき氷を口に含んだ。アイスグローブをはめているので両手が使えない。看護師さんが氷を口に入れてくれた。冷やすことでしびれや爪の変形、味覚障害を防ぐのが目的。効果がありますように。すごく冷やしたので体温が下がって寒かった。おなかや腕はホットパックで温めているし、冷やしたり温めたり忙しい。

点滴終了
アレルギー反応などもなく点滴は無事終了した。点滴は準備を含めて2時間ぐらいかかった。前回FECの終了直後にトイレで倒れそうになって処置室にかけこんで1時間ほど休んだ事件(血圧が下がってふらふらに)があったので、今回はゆっくりトイレに行ってから、処置室に荷物を取りに戻った。


mukudori21 at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

2011年10月26日

タキソテール1回目は延期

2011年10月26日。タキソテール(Docetaxel)の1回目は、白血球と好中球が足りなくて延期となった。
FECの最終回は、白血球数がボーダーラインぎりぎりだったので、回復するまでには至らなかったようだ。FECが終ってから、少し休んでもよかったのかもしれない。
エコー検査の結果、腫瘍は縮小し続けていることがわかった。



写真: 左側 2011/10/26、右側 2011/7/29


mukudori21 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

2011年10月16日

ピンクリボンシンポジウム神戸/ジョブスからのメッセージ

 好中球は骨髄さんががんばってくれてるので、なんとか投薬できるぎりぎりのレベルをクリアした。乳がんメーリングリストTeddy Bearのメンバーも私の骨髄にエールを送ってくれているそうだ。おかげさまで、FEC4投目無事満了!

 しかし、白血球数も好中球もかなり少ないので、昨日のピンクリボンシンポジウム神戸、今日のスマイルウォークもドクターストップがかかった。参加できなくて残念であった。
 でも、メーリングリストTeddyメンバーの方が講演の様子をメールでレポートしてくださったので、講演の雰囲気がよくわかった。

ピンクリボンシンポジウム 神戸会場
2011年10月15日(土) 13:00〜17:05

http://www.pinkribbonfestival.jp/event/symposium/kobe.html

基調講演
『よく知れば乳がんは怖くない!?』(60分)
 講師:公立那賀病院乳腺外科科長 谷野 裕一先生

 以下、送られてきたレポートより引用する。

 関西は、乳がん検診受診率が特に低いことを受けて、

 「会場に来ている患者さんに何か行動を起こしてもらえるよう、パワーを送りに来たということでした。 」

 また、次のようなお話もあったそうだ。

 「鳩山総理が話した「裸踊り」の例を挙げ、最初は一人で始めた活動でも、誰かが協力すれば、みんなを巻き込むことができるという例をお話されてました。 」
 http://www.youtube.com/watch?v=OVfSaoT9mEM

 裸踊りでもなんでも、できることを考えて、リーダーになったり、フォロワーになったりしていきたいと思う。間接的にパワーをもらうことができた。(レポートありがとうございました。)

基調講演
『最適な乳がんの治療法』(60分)
 講師:兵庫医科大学病院乳腺・内分泌外科教授 三好 康雄先生

 分子標的薬などの登場で、治療はこの何年かで変わったと実感している。薬や投薬方法の進歩に加え、医療者と患者の関わり方が変わったことが大きいと思う。


 今日は、スマイルウォークだった。天気もよいようなので、参加された方はさわやな一日を過ごされたことと思う。
 シンポジウムにもスマイルウォークにも参加して感動を共有したかった。来年は参加したい。



ジョブスからのメッセージ 「ハングリーであれ。愚か者であれ」
 裸踊りで、話が頭の中でつながった。
 "Stay hungry. Stay foolish." 

 先日亡くなった Apple Computer の前CEO スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)氏の米スタンフォード大卒業式(2005年6月)での有名なスピーチで語られた言葉である。
 http://news.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html

The Whole Earth Catalog という出版物の最終刊の裏表紙に載せられたメッセージを引用し、自分自身、そうでありたいと願ってきたと語った。

 最初は裸踊りが愚かに見えるかもしれない。リーダーはそこでひるまず、フォロワーが出るまでがんばることが必要だ。それが本当にやるべきことであり、ハングリーであれば、できる。

 また、彼は次のようにも語った。膵臓癌の手術から生還し1年が経過していた。
"If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?"

 2回目に癌になったとき、何が一番大切なのか、優先すべきことは何かをまず考えた。自分のしたくないことはできるだけしない。自分がやっておきたいことを優先してやろうと思った。仕事をしなから治療すると活動時間が限られる。いつ訪れるかはわからないが、死までの時間を意識して行動しようと考える。時間が限られていることは最初に癌になったときも意識した。
 1984年に個人向けコンピュータを民衆の手にもたらしたことから始まり、彼がこの7年の間に成し遂げたことは、コンピュータを身近なものにし、コンピュータのパワーを人々にもたらすという理念の実現の集大成であったと思う。

 今、Apple Computer サイトのジョブスの遺影からたくさんのメッセージを受け取っている。
  http://www.apple.com/
 みんな、泣くな。未来は君たちの手にある。
 たくさんの声援をありがとう。
 妻よ、たくさんの愛をありがとう。
 癌患者よ、負けるな。(と言っているような気もする)


mukudori21 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント参加報告 

2011年09月15日

化学療法(FEC)3回目投薬完了

先週、外来での化学療法(FEC100)3クール目は、白血球、好中球数の減少のため延期になったが、1週間後の今日、血液検査の結果、投薬OKとなった。



mukudori21 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月08日

化学療法(FEC)3回目は延期/腫瘍縮小効果

今日は外来で化学療法(FEC100)3クール目の予定であった。
化学療法直前の採血の結果、好中球が減少しているということだった。

 白血球数 2820
 好中球  42% → 2820×0.42≒1180
 赤血球  3860

無理に投薬して発熱したりしてもよくないので、1週間延期となった。

ちなみに、前回2クール目(8月18日)の血液検査の結果では、投与続行が決まった。

 白血球数 2830
 好中球  53% → 2830×0.53≒1500
 赤血球  3690

抗癌剤の副作用で骨髄抑制は避けて通れない。
骨髄さんには、「がんばれー、白血球造れー、赤血球もー」と言っておいたが、次回から「特に好中球をがんばれー」と伝えておこう。


腫瘍の大きさは確実に小さくなってきている。自分でもそう思う。体表にあるので触れてわかるところがよい。エコーを取って、へなへなになってきた腫瘍の写真を見るとファイトがめらめらと湧いてくる。

エコー像の変化

腫瘍その1
        7月29日 →  8月25日 →  9月8日(単位:mm)
 横方向 縦×横 21×25 → 18×23  → 17×20
 縦方向 横   28  →  26   → 21   (写真下)

腫瘍その2
        8月25日 →  9月8日(単位:mm)
 横方向 縦×横 14×17  →  8× 9
 縦方向 横   17   → 12.5

IMG_1940

mukudori21 at 23:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年08月18日

化学療法(FEC)2回目とバンダナウイッグ

化学療法 FEC 2回目投与の日。


バンダナウイッグ ♪
P8120609
今日は、おともだちからいただいたバンダナウィッグをしていった。
看護師さんが間近で見てさわっても、ほんもの毛に見えると言っていた。
ありがとう! 暑い季節はこれがいい。

えりあしの髪の毛は、自分でジョキジョキカットしちゃったし。頭頂部はかなりうすうす状態。家では、ウイッグ用のネットをかぶっている。来訪者のときもぱっとかぶれて、バンダナウィッグ大活躍である。


化学療法 FECの点滴

1回目の化学療法は、念のため入院にて行った。2回目は外来で点滴する。
2回目なので要領はだいたいわかっているので気分的には楽だった。
まずは血液検査。そして診察。白血球数は、平常時まで戻っているところまでいかなかったけれど、投与続行可能な値だということだった。エコーで前回との大きさを比べる。腫瘍径は若干減少。厚みがそこそこ減っているということだった。30%以上消失でpathological PRだが、そこまでいっていないので、SDということらしい。
白血球数OK、腫瘍径増大していないということで、投薬決定。薬が調合されるまでしばし待つ。イメンドを飲んで、食堂で軽く食べて、処置室に向かう。
しかし、入院と外来ではやり方が違う。入院病棟では機械で点滴の速度を調節していた。外来ではそれを使わず自然に落とすのだそうだ。
入院の時は、1時間足らずで終了した。今回、外来では1時間以上かかったように思う。

赤い液体(エピルビシン)が落ちてくると緊張が走る。でも前回よりは腕の硬直も少しましで、なんとか無事終った。


mukudori21 at 22:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

2011年08月12日

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! 脱毛!

化学療法 FEC 1クール目投薬のご報告は後回しになっているが


来たっ! ついに来た。脱毛

化療後、12日目から抜け毛が多くなった。まだ、どんどん抜ける感じではないけれど、通常よりは明らかに多かった。

そして、昨日、14日目。髪の毛の束をつかむと、するするっと抜ける抜ける。今日はさらに束になってずるずると抜ける。


髪の毛事情
同じFECを経験したおともだちが、髪の毛事情などについて教えてくれた。

  投薬後きっちり二週間で一週間かけて無くなる
  脱毛は始めぱらぱら、一週間かけてなくなる
  脱毛までは一時的にベリーショートにするのがお奨め
  長さ5センチとかでいいのではないか
  シャンプーすると抜けた髪が抜けてない髪に絡まって、重みで引っぱられ痛い
  鼻水が止まらない(鼻毛がなくなっているので)
  睫毛眉毛はFECでは残る
  傷跡を観察していると、平らになってくるのがわかる

ところが、髪の毛をカットする機会を逃してしまい、長いままである。髪を束ねておけるので、髪の毛が散らばることはない。それはそれでよいのだけれど、シャンプーしたときに絡まって痛かったら、その場でカットしてしまうしかないか。


ケアキャップ
おともだちが使っていたものをお借りさせていただくことになった。家でいる時、寝る時にかぶっておくと掃除が楽だそうだ。感謝感謝。


バンダナウィッグ
おともだちが、早くにバンダナウィッグを贈ってくれたので、とってもうれしかった。クスノクスというウィッグブランドだそう。
なんだかテンションが上がって、早く試したい、バンダナの活躍の機会が待ち遠しいと思った。(これって変?)


ウィッグ
来週は、ウィッグを見に行く予定。おともだちが愛用していたブランドのお店についてきてくれるとのことで、心強い。ギャル向けファッションウィッグ「ナバーナ」とか。ウイッグは、ミディアムくらいが結構自然なのだそう。

ウィッグで遊べるのは楽しいかも。ヘアカットやカラーしなくてよいし、その分の費用がウィッグにかけられると考えれば安いものかもしれない。


脱毛対策は、早くから準備していると、不安も軽減できるように思う。


mukudori21 at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)むくどりの治療記録