術後5日目退院後初めての通院:貯留液を抜く

2012年02月29日

退院しました! 今日は閏年(うるうどし)の閏日です。

退院の日
昨日、2月28日に退院しました。
朝から主治医がドレーンチューブを抜いた跡の状態を確認してくれました。その後、病室を片付けました。
ナースステーションにあいさつし、たくさんの看護師さんに送ってもらいました。短めの明るい色のウィッグにしていたので、一瞬誰かわからないという看護師さんもいました。
それにしても、この2週間を快適に過ごすことができたのは、看護師さんやスタッフさんのおかげです。さまざまな場面できめ細やかな対応と気づかいを感じました。スタッフ間の連携もすばらしいものでした。

ドレーン抜去
一昨日の月曜日にドレーンを抜去しました。当日の廃液量は10mL。廃液の色は黄色が主体で、赤い色はほぼなくなっていました。出血が止まったということでしょうか。ドレーンチューブの中に白い紐のようなものがうねっていて、ミトコンドリアの図(?)みたいになっていました。

ドレーンを抜くときは、するすると何事もなく抜けていきました。

12年前にドレーンを抜いた時は胸の中に違和感があって、うわぁーっていう感じでした。それも、ある日突然前触れもなく、主治医と看護婦さんとワゴンががらがらーっと病室にやってきて、ずばーっという感じで、とてもびっくりしたことを覚えています。

今回は、ドレーン抜去の時期を主治医と話し合いながら、状態を見ながら決めさせてもらいました。そのようなことも相談させていただけるので、とてもありがたいと思います。


閏年(うるうどし)について
ところで、今日は2月29日。閏年の閏日ですね。12年前の閏年の2月28日に手術しました。術後12年の日に退院したわけです。
閏年は4年に1回です。オリンピックの開催年はだいたい閏年になります。しかし、調整のため、100年に1度は閏年にしません。しかし、400年に1度は閏年にすると決められています。ですから、12年前の2000年の閏年は400年に1度の閏年だったわけです。
さらに、微調整のために、閏秒が挿入されることもあります。日本時間で、午前 8時59分60秒がときどき挿入されます。

12年前の閏日、私は手術の翌日でした。術後の痛みと闘いながら、おかゆを食べていたことが思い出されます。

mukudori21 at 12:53│Comments(0)TrackBack(0) むくどりの治療記録 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
術後5日目退院後初めての通院:貯留液を抜く