2013年03月12日

退院1週間後の診察

3月12日
退院1週間後の診察です。
手術創の跡は問題なく、透明のテープをはがしてもらいました。
これまで、シャワーだけでしたが、お風呂に入ってもよいということになりました。
再建の出来上がりは上々で、左右の大きさが均等になって調子いいです。上の内側に少しリップリング(皮膚が波打った状態)がありますが、皮膚がうすいので出るようです。
今後、3ヶ月に1回血液検査、エコー検査、年に1回骨密度の検査、マンモグラフィー検査などで経過観察することになりました。血液検査で総コレステロールがかなりな異常値なので、善玉悪玉コレステロールも測ってほしいと言いましたが、検査し過ぎが問題となっているそうです。
マンモグラフィーでは、石灰化だらけでいつも結果がややこしいから、MRIもお願いしたいと言いましたが、これもエコーとマンモグラフィーで様子を見ることになりました。
しかしながら、これまで半年に一回検査していながら、見つかったのは自己検診の触診で、2cm以上の大きさになっていて、多発も認められ、微小リンパ節転移もあったので、あのときMRIを一発とっておけばもう少し早く見つかったのではないかという思いがあります。
次回は1ヶ月後ぐらいに診察ということになりました。

外来化学療法のお部屋、処置室の看護師さんのところに顔を出しました。山の中にあるラーメン屋さんの話しとかツーリングのこととかいろいろお話ししました。次の診察はいつかと聞かれ、来月になると言いましたら、その看護師さんは3月いっぱいで退職されるとのこと。化学療法のときには、看護師さんのはげましのおかげで乗り切ることができ、本当にお世話になった方ですので、もう会えないかと思うととても残念でした。
おととし、化学療法の点滴が終わってからトイレてめまいがして倒れそうになって、処置室に駆け込んだことを思い出して話したりしました。トイレで倒れそうになったら、呼び出しボタンを押して助けを呼べばいいのに、頭を低くして走って処置室に行ったのです。必死になってしまって状況判断できていなかったんです。そんなことも笑って思い出話できる今となりました。
院内の乳がん患者会の会報で、次回は処置室を取材するとお話ししました。会報を作ったら、お送りすると約束して、お別れしました。3月、4月は異動の時期ですね。

入院のとき、同室だった方々のお見舞いに行くことになっていたので、食堂でお昼をいただいてから、病室の方に移動しようとエレベーターホールで待っていましたら、ちょうどその同室の人が洗濯ものを取りに来ていたところに遭遇しました。
いっしょに病室に行きました。病室のもう一人の方もいっしょに3人で、談話室でおしゃべりしました。私が来るのを待っていてくれたそうです。

この3ショットで会することももうないなと思うと、いっしょに写真を撮ってもらいたくなりました。看護師さんにお願いして、3人の記念撮影をしてもらいました。後日プリントして郵送すると約束して、帰りました。

診察の日、いろんな人とお会いして、たくさんお話しして、心がさまざまな思いでいっぱいになりました。


mukudori21 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔