2014年03月23日

エキセメスタンからフェマーラに薬剤変更〜その後〜

 以前、エキセメスタンからフェマーラに薬剤変更したことを記事(アロマターゼ阻害剤(AI)について エキセメスタンからフェマーラに薬剤変更)に書きました。

 その記事に、コメントと質問をいただきましたので、薬剤変更後、どのように関節痛が変化したかまとめておきたいと思います。

 フェマーラに変えてから、わりとすぐに関節痛が軽減されて、起床時のぎしぎしする手指のこわばりがなくなり、「ばね指」もほぼ軽快しました。関節痛体操は軽くやっています。
 膝関節も、正座してじっとしていた後は立ち上がりにくいですが、椅子から立ち上がるのはさほど苦痛ではなくなりました。

 時間の経過とともに薬の副作用に慣れてきたということもありますし、漢方薬の「疎経活血湯」の効果で「むくみ」が軽減したことも要因としてあると思います。

 AIの薬剤の種類による副作用の出方は、人によってかなり違うようで、私のお友達は「フェマーラ」から「エキセメスタン」に逆に変更して、関節痛が良くなったそうです。

 副作用はつらいものですね。ご参考になれば幸いです。

mukudori21 at 01:21│Comments(0)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔