2012年03月

2012年03月28日

オンライン署名サイト「女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!」

オンライン署名サイトから
「女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!」
への署名をしました。
http://www.shomei.tv/project-1585.html

目標は1万だそうですが、現在の達成率は12.2%です。目標達成に向けてたくさ
んの方々の協力が得られるとよいですね。


mukudori21 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)乳癌関連リンク 

乳癌患者専用のアロマテラピー本

昨日、がん関連イベントに参加した。

そのイベントの帰り道、雑貨店でエッセンシャルオイルを買った。ラベンダーの精油である。
それから、本屋さんに入って、何か欲しい本があったかなあとうろうろ。
乳癌患者向けのアロマテラピーの本が出版されたと、猫目さんという方のブログに載っていたことを思い出した。
猫目さんのブログ記事はコレ↓
シングル・ガンズ:みるふぃーゆさんの本ができました

トラックバックもしておこう。

検索端末で、「乳がん アロマ」と検索したら出てきた。在庫あり。
「素敵にアロマテラピー ―乳がんの人の心と体に」
出版社:保健同人社

保健同人社といえば、12年前に乳癌に罹患したときの私のバイブル「自分でできる乳がん手術後のリハビリ―からだをきたえ、痛みをやわらげるために 」の出版社である。

全ページカラー、マットな感じで、すてきな本である。著者の思いがいっぱい詰まっている感じが伝わってくる。

化学療法は、終わってからしばらく経ってもその副作用にいろいろなやまされる。血管痛によいというマッサージオイルの作り方が載っていた。こういう副作用は病院で相談してもなかなかよい治療法が提示されることがないので、こういう具体的な事例が載っているのはかなりうれしい。

猫目さんの体験談も載っている。
著者のひとり、千葉治子さんはこの本の発行を見ることなく亡くなったそうだ。
彼女の思いとアロマの香りはたくさんの乳癌患者を癒してくれることだろう。





mukudori21 at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍/資料の紹介 

2012年03月20日

新しい健康保険証

新しい保険証の裏面は臓器提供意思表示カードになっている。がん患者はどの臓器なら提供できるのだろうか。角膜を提供できると聞いたことがある。




mukudori21 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)乳癌関連の情報 

2012年03月19日

退院後2回目と3回目の通院

退院後2回目は3月8日木曜日に通院した。
貯留液が少し溜まっているので抜くことになった。40mLが採取された。
溜まっているかどうかは、ティッシュエキスパンダーの固いマグネット部分に触れてみるとわかるそうだ。固いはずの部分がぶよぶよしていれば、液が溜まっているということになる。(なるほど)

診察後は、病院の緩和ケアチームの方とお話しする時間を取ってもらっている。
担当の方は社会福祉士だそうだ。
病気や術後のことで今はまだばくぜんとした経済的不安、精神的不安についてお話しした。話すことで整理できるかもしれないと思った。

その後は院内で患者サロンがあるので参加。
がん患者やその家族の方々との交流を楽しむ。
現役の患者の要望を患者サロンやその主催団体のNPO、そして病院に伝えたいと思っていることを表明させていただいた。よりよい病院や地域医療のために自分が今フレッシュな患者としてできることを考えていきたい。

病院は遠いけれど、いろいろとイベントがあって行くことが楽しい。


3回目は3月15日木曜日に通院。
この度は貯留液が溜まっていなかった!
溜まっていないことは、マグネットの部分の固さで、自分でも実感していた。
ティッシュエキスパンダーがなじんできた感じがする。

診察後は、化学療法の点滴をしていたお部屋の看護師さんにごあいさつに行った。
緩和ケアチームのことについて意見交換した。看護師さんとしても患者さんから相談を受けたら病院に緩和ケアチームがあることを紹介したいと言っていた。緩和ケアのパンフレットがあることや、それを患者みんなに配布したらよいのではないかということなどについて話した。緩和ケアという言葉について誤解が生じないよう、よく説明してお渡しすることが大切だということなど、いろいろと意見交換ができた。
パンフレットを広めることを看護師さんから任された(笑)ので、いろいろな部署を患者としてつないでいきたい。
パンフレットには次のように書かれている。
緩和ケアとは、がんに伴う体のつらさや心のつらさを和らげ、患者さんやご家族がより良く過ごせる毎日を支える医療のことです。
がんと診断されたときから緩和ケアは始まります。

この2点を忘れずに伝えることが必要だと思う。

その後、同日診察のがん友と遅い昼食を兼ねたアフタヌーンティー。
畑の奥にあるすてきなお家のティールームに連れて行ってもらった。
3階建てのプレートにスコーン、フルーツ、ケーキなどが満載。
お話しも楽しんで、すてきな午後を過ごせた。


次回は来週木曜日に診察予定。
緩和ケアチームの看護士、社会福祉士の方にお会いして、化学療法の副作用や健康保険などについて相談する予定。

その後は患者サロンに参加。
でも、仕事があるので1時間ぐらいで退席することになるのは残念。

mukudori21 at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)むくどりの治療記録 

2012年03月04日

退院後初めての通院:貯留液を抜く

3月2日金曜日、退院後初めての通院。

貯留液が結構あったので針を刺して抜いてもらった。
針の断面を見ただけで疲れた。断面が見えるぐらい太い針なのだ。術後の皮膚は麻痺しているようで、針を刺しても痛くはなかった。70mLの貯留液が採取された。
次回診察は来週の木曜日に予約してもらった。貯留液が増えないようおとなしく過ごさなくては。

病院の食堂で、先週の入院中に参加した院内の患者会で知り合った人とお会いした。私の退院の日に病室に来てくれたそうだ。私は既に退院していたので、そのときはお会いできなかった。
その方は昨年12月に手術されたそうだ。貯留液がたまるので週に2日ぐらい来院しているとのこと。治療のこと仕事のことなどいろいろとお話しできた。

その後、緩和ケア外来の受診予約をするために、担当の方にお会いした。緩和ケアチームがあるということで、そのようなチームのメンバーに取り囲まれてみたい気分になったのである。自分ではどのような不安やなやみがあるか自分でもよくわからない。経済的なことや将来への不安など、カウンセリングを受けることで整理できてくるのではないかと思っている。



mukudori21 at 01:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)むくどりの治療記録