2007年06月17日

第15回 日本乳癌学会学術総会(2007年6月29日, 30日)

第15回 日本乳癌学会学術総会

総会テーマ:「総合力による乳癌の克服」
会長:池田 正(帝京大学医学部外科)
会期:2007年6月29日(金)・30日(土)
会場:パシフィコ横浜

ホームページ
http://www2.convention.co.jp/jbcs15/

あけぼの会、イデァフォー、リンパの会、ブーゲンビリア、VOL-Netによる患者会ブース展示あり。
目新しいイベントとしては、患者体験記コンクール 表彰式 がある。
また、
 シンポジウム『本邦における内分泌療法のエビデンスと基礎研究』(29日)
 サテライトシンポジウム『乳癌の術後補助療法
        ~2007St.Gallenコンセンサス 会議推奨を中心に~』(29日)
 モーニングセミナー『乳房超音波検査の新潮流』(30日)
 ビデオセッション(30日)
 ミニパネルディスカッション『非浸潤癌(DCIS)に対して追加療法は必要か』(30日)
 ランチョンセミナー『超音波ガイド下マンモトーム生検を考える』(30日)
も注目だ。
個人的には、一般演題(口演)「細胞診・針生検」(30日)も見ておきたい。
昨年に引き続き、キーワードとしては、分子標的治療、術前化学療法、チーム医療等が挙げられる。
新しいキーワードとしては、乳癌登録と個人情報がある。昨今、個人情報の漏洩などさまざまな問題発生している中、この種の情報の取り扱いには特に慎重に対処する枠組みが必要だ。

mukudori21 at 01:13│Comments(0)TrackBack(0)イベント情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔