乳癌関連の情報

2012年03月28日

乳癌患者専用のアロマテラピー本

昨日、がん関連イベントに参加した。

そのイベントの帰り道、雑貨店でエッセンシャルオイルを買った。ラベンダーの精油である。
それから、本屋さんに入って、何か欲しい本があったかなあとうろうろ。
乳癌患者向けのアロマテラピーの本が出版されたと、猫目さんという方のブログに載っていたことを思い出した。
猫目さんのブログ記事はコレ↓
シングル・ガンズ:みるふぃーゆさんの本ができました

トラックバックもしておこう。

検索端末で、「乳がん アロマ」と検索したら出てきた。在庫あり。
「素敵にアロマテラピー ―乳がんの人の心と体に」
出版社:保健同人社

保健同人社といえば、12年前に乳癌に罹患したときの私のバイブル「自分でできる乳がん手術後のリハビリ―からだをきたえ、痛みをやわらげるために 」の出版社である。

全ページカラー、マットな感じで、すてきな本である。著者の思いがいっぱい詰まっている感じが伝わってくる。

化学療法は、終わってからしばらく経ってもその副作用にいろいろなやまされる。血管痛によいというマッサージオイルの作り方が載っていた。こういう副作用は病院で相談してもなかなかよい治療法が提示されることがないので、こういう具体的な事例が載っているのはかなりうれしい。

猫目さんの体験談も載っている。
著者のひとり、千葉治子さんはこの本の発行を見ることなく亡くなったそうだ。
彼女の思いとアロマの香りはたくさんの乳癌患者を癒してくれることだろう。





mukudori21 at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月20日

新しい健康保険証

新しい保険証の裏面は臓器提供意思表示カードになっている。がん患者はどの臓器なら提供できるのだろうか。角膜を提供できると聞いたことがある。




mukudori21 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月01日

紀の川市ピンクリボンキャンペーン 映画上映会 Mayu −ココロの星−

紀の川市のピンクリボンキャンペーンの一環として映画の上映会が開催されます。

上映されるのは、このブログでもご紹介したことのある映画です。
   >>当ブログ記事へ

Mayu −ココロの星−
   >>映画のサイトへ

日時: 2008年11月29日 13時から
場所: 紀の川市の市役所内 田園ホール

情報元: たにの先生のブログ

紀の川市は、全身麻酔を用いた乳がん摘出手術を世界で初めて成功させた華岡青洲の生誕地であります。

 「青洲君」 とマンダラゲの花をデザインしたシンボルバッジ
華岡青洲をイメージしたキャラクター「青洲君」 と「まんだらげ」の花をデザインしたシンボルバッジ

まんだらげは、華岡青洲が作り出した麻酔薬「通仙散」の主原料だそうです。

mukudori21 at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月24日

「病院の言葉」を分かりやすくする提案

「病院の言葉」を分かりやすくする提案(中間報告)が、国立国語研究所によりまとめられた。

  http://www.kokken.go.jp/byoin/teian/

私は、「頓服」を正しく理解していなかった。

  症状が出たときに薬を飲むこと

なのだ。

  鎮痛剤(痛み止め)のことだという誤解

をしていたわけである。

提案された語の一覧には、

  生検、浸潤、予後、エビデンス、
  インフォームドコンセント、セカンドオピニオン、
  ガイドライン、クリニカルパス
  QOL、緩和ケア、MRI、PET

など、乳癌患者にとってはおなじみの言葉が並ぶ。

同サイトでは、中間報告に対する意見公募(アンケート)を行っている。期間は平成20年12月1日(月)まで。
寄せられた意見は、平成21年3月に発表予定の最終報告および「病院の言葉の手引」(仮称)をまとめる際の参考にするそうだ。

早速アンケートに答たえた。以下、備忘録的に記す。

Q「病院の言葉を分かりやすくする提案」をより良いものにするには

  特に知っておくべき言葉を選んで、目立ちやすくする。

Q「病院の言葉を分かりやすくする提案」(中間報告)に対する御意見

  患者は、ある日突然患者になる。特に癌患者は、告知された日から
 さまざまなことを勉強し覚えていくことになる。重要な概念については、
 患者になる前からリテラシーとして知っておくための教育や啓蒙が必要
 かもしれない。

■参考新聞記事
「病院言葉」分かりやすく 国語研、言い換え提案(NIKKEI NET)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20081022AT1G2101S21102008.html

mukudori21 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月29日

メルクマニュアル医学百科 最新家庭版

メルクマニュアル医学百科のオンライン版として
さまざまな医療情報を提供しているサイト
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/

Merck & Co., Inc., Whitehouse Station, N.J., U.S.A.(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利のサービスとして無償で提供している。

mukudori21 at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

がんナビ

がん患者さんとそのご家族のために、がんの治療の方法や患者さんの日々の生活術をナビゲートするサイト
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/

「乳がん百科」のコーナーもある。

mukudori21 at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月20日

CAL組織増大術による乳房再建

セルポートクリニック横浜では、脂肪由来「幹細胞」を用いたCAL組織増大術による乳房再建を実施している。

http://www.cellport.jp/clinical/index.html?cvsg=w00055&gclid=COSqnbL5hJECFQW6bwodwhxKGA

オリンパス、脂肪由来細胞群を用いた再生医療のビジネス化を加速(ニュースリリース)
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2006b/nr060823cytxj.cfm

このような治療が既に始まっていたとは少々驚きである。

幹細胞とは、他の種類の細胞になることができる特殊な細胞である。最近、話題になっているゆわゆる「万能細胞」で、再生医療への適応が期待されている。


京都大学の山中教授らが、マウス皮膚細胞から胚性幹(ES)細胞に類似した万能幹細胞(多能性幹細胞)を誘導することに成功した。ES細胞と同様に高い増殖能と様々な細胞へと分化できる万能性(分化多能性)を持つ。この細胞は誘導多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell, iPS 細胞)と命名された。

皮膚細胞から万能幹細胞の誘導に成功
http://www.jst.go.jp/pr/info/info320/

先日、このiPS細胞のシンポジウムに参加した。この技術が医療に応用されるには、まだまだ基礎研究が必要な段階だが、無限の可能性を秘めたこの研究に多くの期待が寄せられている。シンポジウムの模様については、また後日レポートしたい。

mukudori21 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月22日

「こころのセルフケアノート」

乳癌患者会 わかば会の「こころのセルフケアノート」が発行された。
寺田佐代子さん作 堤寛先生編集の小冊子である。

リラックスするためのひとつの方法として瞑想の方法の解説が記載されている。また、リラックスした状態や自分の気持ちを引き出すドリル形式のノートになっている。本書は自分自身を見つめ直す機会を作るためのガイドラインとなり得るであろう。

藤田保健衛生大学病院第一病理学講座のホームページで、pdf版が閲覧できる。
http://info.fujita-hu.ac.jp/pathology1/


同著に関する読売新聞の記事。(2007年10月19日)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20071019-OYT8T00203.htm



mukudori21 at 02:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月08日

琵琶湖ピンクリボンフェスタ2007 in 大津

大原まゆさんの特別講演が楽しみです。
以下、開催概要を転載します。

琵琶湖ピンクリボンフェスタ2007 in 大津

http://www.biwako-pinkribbon.com/event/index.html

日時   平成19年11月4日(日) 13:00〜
場所   大津プリンスホテル
内容
     13:00〜 無料乳がん検診(要予約)
     16:00〜 ピンクリボン講演会
     乳がん検定
     開会の挨拶  菊井 津多子(実行委員長)(あけぼの滋賀代表)
            加藤 誠(事務局長)(加藤乳腺クリニック院長)
     特別講演   「年に一度だけ、大切な人のことを想ってください。」
             〜あなたと、あなたの大切な人を守るために〜
            大原 まゆさん
             映画「Mayu-ココロの星-」のモデル
             「おっぱいの詩〜21歳の私がどうして乳がんに?〜
              (講談社)」の著者
     乳がん検定問題解説 東出 俊一(市立長浜病院外科部長)
     閉会の挨拶  西関 剛(副実行委員長)
             (長浜赤十字病院放射線技師)
     18:00〜    ピンクリボンライトアップ
参加料  無料
申込締切 平成19年10月6日(土)必着 (無料乳がん検診)
申込問合せ先 琵琶湖ピンクリボンフェスタ2007事務局(加藤乳腺クリニック内)
       〒525-0037 草津市西大路町18-12
       TEL 070-5502-3823

※無料乳がん検診後にピンクリボン講演会(乳がん検定・特別講演)を開催いたします。是非ご参加ください(事前予約は不要です)



mukudori21 at 01:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年06月17日

第15回 日本乳癌学会学術総会(2007年6月29日, 30日)

第15回 日本乳癌学会学術総会

総会テーマ:「総合力による乳癌の克服」
会長:池田 正(帝京大学医学部外科)
会期:2007年6月29日(金)・30日(土)
会場:パシフィコ横浜

ホームページ
http://www2.convention.co.jp/jbcs15/

あけぼの会、イデァフォー、リンパの会、ブーゲンビリア、VOL-Netによる患者会ブース展示あり。
目新しいイベントとしては、患者体験記コンクール 表彰式 がある。
また、
 シンポジウム『本邦における内分泌療法のエビデンスと基礎研究』(29日)
 サテライトシンポジウム『乳癌の術後補助療法
        ~2007St.Gallenコンセンサス 会議推奨を中心に~』(29日)
 モーニングセミナー『乳房超音波検査の新潮流』(30日)
 ビデオセッション(30日)
 ミニパネルディスカッション『非浸潤癌(DCIS)に対して追加療法は必要か』(30日)
 ランチョンセミナー『超音波ガイド下マンモトーム生検を考える』(30日)
も注目だ。
個人的には、一般演題(口演)「細胞診・針生検」(30日)も見ておきたい。
昨年に引き続き、キーワードとしては、分子標的治療、術前化学療法、チーム医療等が挙げられる。
新しいキーワードとしては、乳癌登録と個人情報がある。昨今、個人情報の漏洩などさまざまな問題発生している中、この種の情報の取り扱いには特に慎重に対処する枠組みが必要だ。

mukudori21 at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)